1. ドスパラ大百科ホーム
  2. ドスパラ製品レビュー
  3. Palit GeForce GTX 980 Super JetStreamのレビュー

GeForce GTX 980 Super JetStreamのレビュー

今回レビューする製品はコレっ!

Palitオリジナルクーラーを搭載した「GeForce GTX 980 Super JetStream」

GeForce GTX 980 Super JetStream 今回レビューさせていただく製品はドスパラが国内正規代理店を務めるPalit Microsystems(パリット マイクロシステム)の「GeForce GTX 980 Super JetStream(型式:NE5X980H14G2-2042J)」です。

本機はGTX980のベースクロックを1127MHzから1203MHzに、そしてビデオメモリのクロックを7000MHz相当から7200MHz相当にオーバークロックした製品となります。

Palit製品のハイエンドモデルに採用されるオリジナルクーラー「JetStream」を搭載。10cmの大口径「TurboFan Blade」ファンやセミファンレス駆動の「0-dB TECH」により、冷却性、静音性、そしてワットパフォーマンスにも優れたモデルとなります。


GeForce GTX 980 Super JetStreamのスペックを見てみよう!

モデル名GeForce GTX 980 Super JetStream(NE5X980H14G2-2042J)
GPUNVIDIA GeForce GTX 980
CUDAコア数2,048基
コアベースクロック1,203MHz
ブーストクロック1,304MHz
メモリ規格GDDR5
メモリ容量4,096MB
メモリクロック7,200MHz
メモリバス256bit
インターフェイスmini-DisplayPort×3、mini-HDMI×1、DVI-I×1
対応バスPCI-Express3.0 x16
補助電源コネクター6ピン+8ピン

まずはパッケージをチェック

カード本体が大きいのでパッケージサイズも大きめです。ブラック調のシンプルなデザインのパッケージですが、文字がゴールドなので高級感があります。

GeForce GTX 980 Super JetStreamのパッケージ(表)
パッケージ表

Super JetStreamの「Super」の部分はシールのようです。後付けのモデル名なのでしょうか?

GeForce GTX 980 Super JetStreamのパッケージシール
パッケージ(拡大)

パッケージの裏面です。

GeForce GTX 980 Super JetStreamのパッケージ(裏)
パッケージ裏

本体をチェック

ファン側

黒いプラスチック製のボディに赤い金属製のカバーが取り付けられています。質感も良いです。

GeForce GTX 980 Super JetStreamのボディ
GeForce GTX 980 Super JetStreamのボディ

ジェットエンジンをモチーフにした10cmの大口径ファン「TurboFan Blade」が2基搭載されています。この2基のファンのうち1基は通常の回転とは逆方向に回転します。そうすることにより気流がぶつかることなく一方向に流れるため、冷却効率のアップに繋がっています。また、動作時には白色のLEDが発光するので目で見る楽しさも味わえます。

GeForce GTX 980 Super JetStreamのファン側
GeForce GTX 980 Super JetStreamの「TurboFan Blade」
動作時には白色のLEDが発光
TurboFan Blade

カードの端には「JetStream 風」のロゴ。

「JetStream 風」のロゴ
「JetStream 風」のロゴ

上部

大型のヒートシンクが採用されています。カードの全長が約280mmなので、PCケースによってはカードが長すぎて取り付けられない場合もあります。

GeForce GTX 980 Super JetStreamの上部
カードの全長は約280mm

GeForce GTX 980 Super JetStreamのヒートパイプです。

GeForce GTX 980 Super JetStreamのヒートパイプ
ヒートパイプ

スロット側

スロット側です。拡張スロットは2.5スロット占有となります。SLIをお考えの方はカード厚の都合でSLIができないマザーボードがありますので、ご注意ください。

GeForce GTX 980 Super JetStreamのスロット側
カード厚は2スロット分

基盤側

基盤側です。基盤側は金属プレートでがっちり保護されています。GeForce GTX 980 Super JetStreamはカード自体が大きく、また重量もあるのでこの金属プレートが基盤の歪みを抑える重要な役割を果たしています。

GeForce GTX 980 Super JetStreamの基盤側
基盤側は金属プレートで固定されている

カードの先端

8mm径ヒートパイプが3本確認できます。

GeForce GTX 980 Super JetStreamのカード先端
8mm径ヒートパイプ × 3本

ポート側

インターフェースは mini-HDMI×1、mini-DisplayPort×3、DVI-I×1 となります。

出力インターフェース
出力インターフェース

ベンチマークを計測してみた

ベンチマークの検証環境は以下の通り

CPUインテル Core i7-4790 プロセッサー
メモリー8GB (4GB x2, デュアルチャネル)
マザーボードGIGABYTE H97チップセット
SSDインテル SSDSC2MH120A2(120GB SATA 6Gbps)
電源750W (80PLUS GOLD認証)
GeForce GTX 980 Super JetStreamを装着
GeForce GTX 980 Super JetStreamを装着

3DMark「Fire Strike」

MSI GTX 980TI GAMING 6Gの「Fire Strike」ベンチマークスコア

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1920×1080ドット (最高品質)] DirectX 11

MSI GTX 980TI GAMING 6Gの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1920×1080ドット (高品質ノート)DirectX 11

GeForce GTX 980 Super JetStreamについてのまとめ

ハイエンドGPUの「NVIDIA GeForce GTX 980」を搭載しているので、ベンチマークは文句なしのスコアとなりました。また、GeForce GTX 980 Super JetStreamはオーバークロックモデルなので、定格クロックのリファレンスモデルより若干スコアも高いと推測されます。これだけのスコアが出せるのであれば、描写が細かな重たいゲームでも快適にプレイが可能です。

本機はGPU温度が60℃以下でファンの回転が完全に停止する「0dB-Tech」を搭載しているので、停止時はもちろん静かなのですが、ファンの回転時も驚くほど静かでかなり静音性に優れたモデルだと感じました。

さすがハイエンドモデルだけあってカードの全長が280mmとだいぶ長いので、単品で購入をされる際はしっかりケース内部のスペースを確認した上で購入をするようにしましょう。


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!