1. ドスパラ大百科ホーム
  2. ドスパラ製品レビュー
  3. NEXTGEAR-NOTE i5310シリーズの実機レビュー

NEXTGEAR-NOTE i5310の実機レビュー

今回レビューする製品はコレっ!

NEXTGEAR-NOTE i5310シリーズ

NEXTGEAR-NOTE i5310 今回レビューさせていただく製品はマウスコンピューターの15.6インチ ゲーミングノートパソコン G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5310シリーズです。

グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 950Mを搭載した15.6インチ液晶(フルHD)ノートパソコンで、8万円台(税別)から購入できる、非常にコストパフォーマンスに優れたゲーミングノートパソコンとなります。

CPUは第6世代インテル Core プロセッサーを搭載しており、最上位はインテル Core i7-6700HQ プロセッサーを選択可能。また、ストレージはM.2 SSD + ハードディスクの選択ができるので、デスクトップパソコンさながらの贅沢なストレージ環境を構築することができます。


今回のレビューで使用するNEXTGEAR-NOTE i5310の構成を見てみよう!

モデル名NEXTGEAR-NOTE i5310PA2
ディスプレイ15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
CPUインテル Core i7-6700HQ プロセッサー
メモリ16GB PC3-12800 DDR3L SODIMM (8GB×2/デュアルチャネル)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX950M(2GB)
SSD256GB Samsung SM951 シリーズ (M.2規格/PCI Express x4 接続)
ハードディスク1TB SerialATAII 5400rpm (SerialATAII接続)
チップセットインテル HM170 Express
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ(※オプション)

※製品の仕様や搭載されているパーツはモデルや出荷時期によって異なりますので、詳しくはマウスコンピューターの公式サイトでご確認ください。なお、NEXTGEAR-NOTE i5310シリーズ では光学ドライブがオプションとなります。標準仕様では非搭載となりますのでご注意ください。

外観チェック

天板部

NEXTGEAR-NOTE i5310の天板です。シンプルなデザインで落ち着きがあります。表面は梨地加工が施されています。

NEXTGEAR-NOTE i5310の天板

天板に刻まれた「G-Tune」のロゴです。

天板のロゴ

フロント

フロント部分です。フロント部分の高さは約29mmでした。

フロント部分

フロントの左側にはデバイスインジケーター(状態表示ランプ)を搭載。その下にはマルチカードリーダーが搭載されています。

デバイスインジケーターとマルチカードリーダー

サイド

正面向かって左サイドです。左サイドのインターフェースは、D-sub出力 ×1、LANポート ×1、USB3.0ポート ×2、HDMI出力 ×1 となります。

NEXTGEAR-NOTE i5310の左サイド

正面向かって右サイドです。右サイドのインターフェースは、マイク入力 ×1、ヘッドフォン出力 ×1、USB2.0ポート ×1、USB3.0ポート ×1 となります。光学ドライブをオプションで追加した場合、こちら側に装備されます。

NEXTGEAR-NOTE i5310の右サイド

背面部

背面部分です。独特なカットが施してあり、デザイン性があります。

NEXTGEAR-NOTE i5310の背面

正面から

天板をオープンした状態です。キーボード周りは天板と同じ色と材質でディスプレイフレームはブラックでデザインされています。

天板をオープンしたところ

ディスプレイ

ディスプレイは15.6インチ ディスプレイが採用されています。本機は非光沢タイプなので光の反射や映り込みが目立ちにくく、長時間のパソコン使用でも目が疲れにくい特徴があります。

ディスプレイ

視野角は良くはないようです。

視野角チェック

キーボード部分

キーボードはテンキー付きです。キーピッチは約 18.7mmでした。キータッチも軽めで押し心地が良いキーボードだと思います。

キーボード

電源ボタンは右上に配置。電源を入れるとブルーのLEDが点灯します。

電源ボタン

タッチパッドはごく普通の使いやすさだと思います。

タッチパッド

裏面(底面)

NEXTGEAR-NOTE i5310の裏面(底面)です。裏面のカバーはネジ2本で外せるので、内部へのアクセスがとても容易です。ストレージの入れ替えや増設の際にとても便利です。

NEXTGEAR-NOTE i5310の裏面(底面)

内部

レビュー機「NEXTGEAR-NOTE i5310PA2」の内部です。

裏面のカバーを外したところ

CPUとGPUの冷却は1基のファンと2本のヒートパイプで行っています。

CPUとGPUの冷却装置

NEXTGEAR-NOTE i5310はストレージにM.2 SSD + ハードディスクの搭載が可能です。

M.2 SSD + ハードディスク

ACアダプタ

ACアダプタのサイズは大きめです。持ち運びには不向きかと思います。ちなみにレビュー機にはChicony Electronics製のACアダプタが採用されていました。

NEXTGEAR-NOTE i5310のACアダプタ

ベンチマークを計測してみた

3DMarkとファイナルファンタジーXIV(蒼天のイシュガルド)のベンチマークを計測してみました。

3DMark

NEXTGEAR-NOTE i5310の「3DMark」ベンチマークスコア

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1280×720ドット (高品質ノートPC)] DirectX 11

NEXTGEAR-NOTE i5310の「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1280×720ドット (高品質ノートPC)DirectX 11

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1920×1080ドット (高品質ノートPC)] DirectX 11

NEXTGEAR-NOTE i5310の「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1920×1080ドット (高品質ノートPC)DirectX 11

NEXTGEAR-NOTE i5310についてのまとめ

グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 950Mを搭載した「NEXTGEAR-NOTE i5310」。グラフィックの設定を高めにしなければ、数多くのゲームが楽しめる1台かと思います。価格帯も8万円台(税別)から購入ができるので、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

筐体サイズが 374×249.5×32.8 mm (折り畳み時) と15.6型液晶搭載のゲーミングノートPCとしては薄型となるので、比較的持ち運びがしやすいモデルと言えます。ACアダプタを帯同しなければ外出先でも比較的気軽に持ち出しできるサイズではないでしょうか。

ゲーミングノートPCではお馴染みの「M.2 SSD + ハードディスク」の構成ももちろん可能。これにより、システムドライブの高速化と、大容量データの保存の両立ができます。


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!