1. ドスパラ大百科ホーム
  2. ドスパラ製品レビュー
  3. MSI GTX 980TI GAMING 6Gのレビュー

MSI GTX 980TI GAMING 6Gのレビュー

今回レビューする製品はコレっ!

ハイエンドGPU GTX 980 Tiを搭載した「MSI GTX 980TI GAMING 6G」

MSI GTX 980TI GAMING 6G 今回レビューさせていただく製品はMSIの「GTX 980TI GAMING 6G」です。モデル名の通り、ハイエンドGPU「GeForce GTX 980 Ti」を搭載したグラフィックカードとなります。

本製品の大きな特徴は、高い冷却性能をほこるオリジナルクーラー「Twin Frozr V」です。以前よりMSIではTwin Frozrシリーズのクーラーを搭載したグラフィックカードを世に送り出していますが、「Twin Frozr V」はその5代目にあたる最新クーラーとなります。さらに「Zero Frozr」と呼ばれるセミファンレス機能を搭載しており、GPUの発熱が一定の温度を超えない限りファンが回転しないという究極の静音性を兼ね備えています。


MSI GTX 980TI GAMING 6Gのスペックを見てみよう!

モデル名GTX 980Ti GAMING 6G
GPUNVIDIA GeForce GTX 980Ti
CUDAコア数2,816基
コアベースクロック1,178MHz(OCモード時)
ブーストクロック1,279MHz(OCモード時)
メモリ規格GDDR5
メモリ容量6,144MB
メモリクロック7,100MHz(OCモード時)
メモリバス384bit
インターフェイスDisplayPort×3、HDMI×1、DVI-I×1
対応バスPCI-Express3.0 x16
補助電源コネクター8ピン+8ピン

まずはパッケージをチェック

パッケージの表側はMSI GAMINGシリーズでおなじみのドラゴンが描かれています。このドラゴンが使用されたGAMINGシリーズのエンブレムがまたカッコイイんですよねぇ…そしてパッケージ表側の左下を見ていただければ分かるとおり、「GTX 980TI GAMING 6G」のVRAMには6GBのGDDR5メモリが搭載されています。そしてその横には「OC Edition」と記載されているので、オーバークロック仕様であることが分かります。

MSI GTX 980TI GAMING 6Gのパッケージ
MSI GTX 980TI GAMING 6Gのパッケージ

本体をチェック

ファン側

本体の色はMSI GAMINGシリーズのイメージカラーであるレッドとブラックのカラーリングが採用されています。同シリーズのマザーボードも同じカラーリングですので、「内部までカッコよく見せたい」という方は是非組み合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

MSI GTX 980TI GAMING 6Gのファン側
MSI GTX 980TI GAMING 6Gのファン側

直径100mmの大きめなファンが2基搭載されており、よく見ていただければ分かるかと思いますがファンブレードの形状が一つ置きに違います。これは「トルクスファン」という新設計のファンで、空気の拡散を最大化する「従来型ファンブレード」と空気の放散を最大化する「分散型ファンブレード」を交互に配置して組み合わせたもので、優れた静音性とエアフローの増加を実現しています。

MSI GTX 980TI GAMING 6Gのトルクスファン
MSI GTX 980TI GAMING 6Gのトルクスファン(拡大画像)
トルクスファン

上部

ヒートパイプは8mm×2本と6mm×2本が採用されています。ちなみにこのヒートパイプやヒートシンクに銅素材を使った特別仕様の「GTX 980TI GAMING 6G GOLDEN EDITION」が数量限定で販売されています。気になる方は是非チェックしてみてください。

MSI GTX 980TI GAMING 6Gのヒートパイプ
ヒートパイプは8mm×2本と6mm×2本

基盤側

基盤側です。基盤側は金属プレートでがっちり保護されています。この金属プレートの有無は個人的に大きな役割があると考えており、金属プレートが無い場合、グラフィックカードそのものの重みによって基盤が徐々に歪んでいきます。(私が以前勤めていた中古PCショップで検証済み)その歪みが原因でグラフィックカードが故障してしまう可能性があるので、個人的にこの部分は高評価です。

MSI GTX 980TI GAMING 6Gの基盤側
MSI GTX 980TI GAMING 6Gの基盤側

ポート側

インターフェースは「DisplayPort×3」、「HDMI×1」、「DVI-I×1」となります。

出力インターフェース
出力インターフェース

ベンチマークを計測してみた

ベンチマークの検証環境は以下の通り

CPUインテル Core i7-4790K プロセッサー
メモリー16GB (8GB x2, デュアルチャネル)
マザーボードASUS Z97チップセット
グラフィックカードMSI GTX 980TI GAMING 6G
SSDcrucial CT500BX100SSD1
電源750W (80PLUS GOLD認証)
MSI GTX 980TI GAMING 6Gを装着
MSI GTX 980TI GAMING 6Gを装着

3DMark「Fire Strike」と「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」のベンチマークを走らせてみました。なお、今回の検証ではデフォルトの「ゲーミングモード」でベンチマークを計測しております。NVIDIA GeForce GTX900シリーズの最上位GPU GTX980Tiを搭載した「GTX 980TI GAMING 6G」はどれ程のスコアを出すのでしょうか?結果は下をご覧ください。

3DMark「Fire Strike」

MSI GTX 980TI GAMING 6Gの「Fire Strike」ベンチマークスコア

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1280×720ドット (最高品質)] DirectX 9

MSI GTX 980TI GAMING 6Gの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1280×720ドット (最高品質)DirectX 9

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1920×1080ドット (最高品質)] DirectX 9

MSI GTX 980TI GAMING 6Gの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1920×1080ドット (最高品質)DirectX 9

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1280×720ドット (最高品質)] DirectX 11

MSI GTX 980TI GAMING 6Gの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1280×720ドット (最高品質)DirectX 11

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1920×1080ドット (最高品質)] DirectX 11

MSI GTX 980TI GAMING 6Gの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1920×1080ドット (最高品質)DirectX 11

NVIDIA GeForce GTX900シリーズの最上位GPUを搭載しているだけあって文句なしのハイスコアです。どんなゲームでもヌルヌル動くレベルですね。また、今回は「OCモード」でベンチマークを走らせているので、定格クロック時よりも若干スコアも伸びているものと思われます。

なお、今回の検証でスコアよりも驚いたのが静音性です。ベンチマーク時はファンが回っていることを目視で確認していますが、止まっているんじゃないかと思うくらい静かでした。これはかなり評価できます。


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!