1. ドスパラ大百科ホーム
  2. ドスパラ製品レビュー
  3. MSI GTX 960 GAMING 4Gのレビュー

MSI GTX 960 GAMING 4Gのレビュー

今回レビューする製品はコレっ!

Twin Frozr V + 4GBメモリー搭載「MSI GTX 960 GAMING 4G」

MSI GTX 960 GAMING 4G 今回レビューさせていただく製品は人気のミドルレンジ帯GPU「GeForce GTX 960」を搭載したMSIのグラフィックカード「GTX 960 GAMING 4G」です。

MSIのグラフィックカードでは定番の「Twin Frozr」。GTX 960 GAMING 4G はその5代目となる「Twin Frozr V」を搭載し、冷却性と静音性にさらに磨きをかけたモデルとなります。動作クロックもリファレンスからチューニングされており、GPUベースクロックは定格の1,127MHzから1,241MHzへ、GPUブーストクロックは定格の1,178MHzから1,304MHzへ向上しています。

MSI独自のオーバークロックユーティリティソフト「GAMING APP」を使用すれば、パフォーマンス重視の「OC Mode」、パフォーマンスと静音性のバランスを重視した「Gaming Mode」、静音性重視の「Silent Mode」を切り替えることも出来ます。デフォルトではバランス重視の「Gaming Mode」となっております。


GTX 960 GAMING 4Gのスペックを見てみよう!

モデル名GTX 960 GAMING 4G
GPUNVIDIA GeForce GTX 960
CUDAコア数1,024基
コアベースクロック1,241MHz(OCモード時)
ブーストクロック1,304MHz(OCモード時)
メモリ規格GDDR5
メモリ容量4,096MB
メモリクロック7,010MHz
メモリバス128bit
インターフェイスDisplayPort×3、HDMI×1、DVI-I×1
対応バスPCI-Express3.0 x16
補助電源コネクター8ピン×1

まずはパッケージをチェック

パッケージデザイン自体は前回レビューしたGTX 980Ti GAMING 6Gとほぼ変わりません。

MSI GTX 960 GAMING 4Gのパッケージ(表)
パッケージ表

パッケージの裏面です。

MSI GTX 960 GAMING 4Gのパッケージ(裏)
パッケージ裏

本体をチェック

ファン側

ボディはプラスチック製です。大型のファンが2基搭載されています。

MSI GTX 960 GAMING 4Gのボディ
GTX 960 GAMING 4Gのボディ

ファンブレードの形状が一つ置きに異なる「トルクスファン」が採用されています。空気の拡散を最大化する「従来型ファンブレード」と空気の放散を最大化する「分散型ファンブレード」を交互に配置することにより、優れた静音性とエアフローの増加を実現しています。

MSI GTX 960 GAMING 4Gのファン
トルクスファン

上部

ヒートパイプは3本で構成されています。カードの全長は約267mm。ミドルエンドモデルとしてはそれなりの長さがあります。カード厚は2スロット占有となります。

MSI GTX 960 GAMING 4Gの上部
MSI GTX 960 GAMING 4Gの上部から見えるヒートパイプ
カードの上部

補助電源は8ピン×1となります。

MSI GTX 960 GAMING 4Gの補助電源
補助電源は8ピン×1

端の部分の「MSI」のロゴマークは電源投入後にLEDが点灯します。

MSI GTX 960 GAMING 4Gのイルミネーション
電源投入後にロゴが点灯

スロット側

横長のヒートシンクが搭載されており、その各処にヒートパイプがいきわたっていることで上手く熱を伝導させることができます。

MSI GTX 960 GAMING 4Gのスロット側
MSI GTX 960 GAMING 4Gのスロット側から見えるヒートパイプ
カードのスロット側

基盤側

基盤側は金属プレートで保護されています。このプレートはかなりの厚みがあり、前回レビューしたASUS STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5の金属プレートと比べると倍以上の厚みがあります。この金属プレートにより基盤の歪みを防止することができ、また熱吸収にも効果的です。

MSI GTX 960 GAMING 4Gの基盤側
基盤側は金属プレートで保護

カードの先端

MSI GTX 960 GAMING 4Gのカード先端です。

MSI GTX 960 GAMING 4Gのカード先端
カード先端部分

ポート側

インターフェースは DisplayPort×3、HDMI×1、DVI-I×1 となります。

MSI GTX 960 GAMING 4Gの出力インターフェース
出力インターフェース

ベンチマークを計測してみた

ベンチマークの検証環境は以下の通り

CPUインテル Core i7-4790K プロセッサー
メモリー8GB (4GB x2, デュアルチャネル)
マザーボードASUS Z97-PRO
グラフィックカードMSI GTX 960 GAMING 4G
SSDCFD CSSD-S6T128NHG6Q
電源750W (80PLUS GOLD認証)
MSI GTX 960 GAMING 4Gを装着
MSI GTX 960 GAMING 4Gを装着

今回の検証ではデフォルトの「Gaming Mode」にて3DMark「Fire Strike」と「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」のベンチマークを計測してみました。

3DMark「Fire Strike」

MSI GTX 960 GAMING 4Gの「Fire Strike」ベンチマークスコア

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1280×720ドット (最高品質)] DirectX 11

MSI GTX 960 GAMING 4Gの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1280×720ドット (最高品質)DirectX 11

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1920×1080ドット (最高品質)] DirectX 11

MSI GTX 960 GAMING 4Gの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1920×1080ドット (最高品質)DirectX 11

MSI GTX 960 GAMING 4Gについてのまとめ

人気のミドルレンジ帯「GeForce GTX 960」では各メーカーから様々なモデルが発売されており、静音性、ワットパフォーマンスなどで差別化を図ろうと各社独自で開発したカードが世の中に多数送り出されています。その中で「MSI GTX 960 GAMING 4G」は定評のあるオリジナルクーラーTWIN FROZRシリーズの最新版「TWIN FROZR V」を搭載し、より静かに、そしてより安定した動作を実現したグラフィックカードとなります。

昨今はフルHDを超える超高解像度ディスプレイが続々登場しています。画面の表示解像度や発色数はビデオメモリの容量によって左右される部分が大きいので、「4GBメモリー搭載のミドルエンドグラフィックカード」というのは、かなり重宝できる存在ではないでしょうか。


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!