1. ドスパラ大百科ホーム
  2. ドスパラ製品レビュー
  3. m-Book W シリーズ「MB-W811S-SH」の実機レビュー

m-Book W の実機レビュー

今回レビューする製品はコレっ!

マウスコンピューター m-Book W シリーズ「MB-W811S-SH」

NEXTGEAR-NOTE i5700シリーズ(GTX970M/ノートPC)「i5700BA2」 今回レビューさせていただく製品はマウスコンピューターの17.3型大画面ノートパソコン m-Book W シリーズ「MB-W811S-SH」です。CPUに Intel Core i7-4720HQ、グラフィックスは NVIDIA GeForce GTX 960Mが搭載されたゲーミングノートPCとなります。

m-Book W シリーズのノートパソコンは「17.3型大画面 + NVIDIA GeForce GTX 960M」が基本的な構成となりますので、CPUやメモリ、SSD、ハードディスク等は自分に合った構成で選ぶことができます。今回のレビュー機である「MB-W811S-SH」は新規格 M.2 SSDを搭載したデュアルストレージモデルとなります。

17.3型の液晶パネルはフルHD(1,920×1,080ドット)ノングレア液晶を採用。大画面かつ目が疲れにくいといったゲームに最適な液晶ディスプレイです。


m-Book W シリーズ「MB-W811S-SH」の構成を見てみよう!

モデル名m-Book W MB-W811S-SH
ディスプレイ17.3型 フルHDノングレア (LEDバックライト) 1920 x 1080ドット
CPUインテル Core i7-4720HQプロセッサー
メモリー16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 960M / インテル HD グラフィックス 4600
SSD120GB インテル 530 シリーズ (M.2規格/SerialATA 接続)
ハードディスク1TB HDD
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ

※上記スペック表の赤い字は基本構成からカスタマイズしているパーツとなります。

外観チェック

天板部

m-Book Wの天板です。表面はラバー調の加工が施されています。本体前面の角が斜めにカットされているデザインが特徴的です。

マウスコンピューター m-Book Wの天板 外観

天板に刻まれた「mouse computer」のロゴです。

マウスコンピューター m-Book Wの天板ロゴ

サイド

正面向かって左サイドです。左サイドのインターフェースは USB3.0ポート ×2、S/PDIF(ミニジャック) ×1、マイク入力 ×1、ヘッドフォン出力 ×1 となります。光学ドライブも左サイドに搭載されています。

マウスコンピューター m-Book Wの正面向かって左サイド

正面向かって右サイドです。右サイドのインターフェースは USB3.0ポート ×1、D-Sub ×1、LANポート ×1 となります。マルチカードリーダーも装備されています。

マウスコンピューター m-Book Wの正面向かって右サイド

背面部

背面には USB3.0ポート ×1、HDMI ×1、mini DisplayPort ×1、ACアダプターの差し込み口が配置されています。

マウスコンピューター m-Book Wの背面

正面から

m-Book Wを開いた画像です。角が斜めにカットされているデザインは以前レビューしたNEXTGEAR-NOTE i5700と同じですが、m-Book Wの方がカットの幅が広めです。シンプルながらも凝ったフォルムとデザインでとてもカッコイイと思います。

マウスコンピューター m-Book Wの正面

ディスプレイ

ディスプレイは17.3インチの非光沢(ノングレア)ディスプレイが採用されています。非光沢なので映り込みが少ないです。

マウスコンピューター m-Book Wのディスプレイの映り込みチェック

画面解像度は1920 x 1080 ドットのフルHDです。

マウスコンピューター m-Book Wの液晶ディスプレイ

キーボード部分

キーボードはテンキー付きです。キーピッチが約 19mmでストロークが約 2mmとなります。キータッチも軽めでタイプしやすいキーボードだと思います。

マウスコンピューター m-Book Wのキーボード部分(正面から)
マウスコンピューター m-Book Wのキーボード部分(斜めから)

キーボードはバックライトを搭載。

マウスコンピューター m-Book Wのキーボードバックライト

電源はキーボード上部の中央に配置されています。電源を入れるとホワイトのLEDが点灯します。

マウスコンピューター m-Book Wの電源ボタン

タッチパッドです。m-Book Wはタッチパッドとクリックボタンが一体化したもタイプではなく、独立したタイプが採用されています。クリックボタンは軽めで押し心地も良く使いやすいです。

マウスコンピューター m-Book Wのタッチパッド

フロント部分にはデバイスインジケーター(状態表示ランプ)を搭載。

マウスコンピューター m-Book Wのデバイスインジケーター(状態表示ランプ)とマルチカードリーダー

裏面

裏面は見るからにゲームパソコンといったデザインです。

マウスコンピューター m-Book Wの裏面(その1)

バッテリーは内蔵型ではありませんが、取り外すには2本のネジを外す必要があります。
内部へのアクセスはネジを3本外すだけでOK。3本のネジを外したあと、下の画像の矢印の方向へスライドをすれば裏側のカバーが外れます。

マウスコンピューター m-Book Wの裏面カバーを外す

内部

裏面カバーを外した内部画像です。CPUとGPUにそれぞれ1基ずつファンが搭載されています。

マウスコンピューター m-Book Wの内部画像

M.2規格 SSDと2.5インチHDDのデュアルストレージ構成です。

マウスコンピューター m-Book Wの内部画像(SSD)
マウスコンピューター m-Book Wの内部画像(ハードディスク)

メモリーはデュアルチャネル対応です。

マウスコンピューター m-Book Wの内部画像(メモリー)

ACアダプタ

m-Book W本体とACアダプタを並べてみました。

マウスコンピューター m-Book WのACアダプタの大きさをチェック

ACアダプタはChicony製の物が採用されていました。容量は120Wです。

マウスコンピューター m-Book WのACアダプタ(製品ラベル)

m-Book W MB-W811S-SH のベンチマークを計測してみた

3DMark「Fire Strike」と「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」の2つのベンチマークを走らせてみました。なお「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」はDirectX 9で計測しております。

3DMark「Fire Strike」

マウスコンピューター m-Book W MB-W811S-SH(Core i7 4720HQ、GeForce GTX 960M搭載)の3DMark「Fire Strike」ベンチマークスコア

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド [1280×720ドット (高品質ノートPC)]

マウスコンピューター m-Book W MB-W811S-SH(Core i7 4720HQ、GeForce GTX 960M搭載)の「ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド」ベンチマークスコア 1280×720ドット (高品質ノートPC)

ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド [1920×1080ドット (高品質ノートPC)]

マウスコンピューター m-Book W MB-W811S-SH(Core i7 4720HQ、GeForce GTX 960M搭載)の「ファイナルファンタジー XIV 蒼天のイシュガルド」ベンチマークスコア 1920×1080ドット (高品質ノートPC)

ゲームを快適にプレイするには十分な性能だと言えます。描画設定や表示解像度が高めでも問題なくプレイできるかと思います。高レベルなグラフィックの3Dゲームでも描画設定を標準的な設定にすればほとんどのゲームが快適に動作するでしょう。

m-Book W についてのまとめ

17.3型の大画面液晶ディスプレイとNVIDIA GeForce GTX 960Mの組み合わせが魅力の「m-Book W シリーズ」。ゲームはもちろんのこと、動画鑑賞やオフィス作業など幅広く活用できる1台です。

エントリーモデルでも十分なスペックを兼ね備えていますが、他にも色々なモデルがあるので、比較検討をしてみて自分に合った仕様を探してみてください。もちろんマウスコンピューターならノートパソコンでも細かくカスタマイズが可能です。

今回レビューで使用した「MB-W811S-SH」は、M.2規格 SSDと2.5インチHDDのデュアルストレージ構成でとても使い勝手が良い仕様ですが、価格設定も安めでコストパフォーマンスが高いので、当サイト管理人的にはm-Book W シリーズの中で特におすすめのモデルです。


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!