1. ドスパラ大百科ホーム
  2. ドスパラ製品レビュー
  3. GIGABYTE GV-N98TG1 GAMING-6GDのレビュー

GV-N98TG1 GAMING-6GDのレビュー

今回レビューする製品はコレっ!

GIGABYTEのオリジナルクーラー搭載モデル「GV-N98TG1 GAMING-6GD」

GIGABYTE GV-N98TG1 GAMING-6GD 今回レビューさせていただく製品はGTX 900ファミリーの最上位となるハイエンドGPU「GeForce GTX 980 Ti」を搭載したGIGABYTE(ギガバイト)のグラフィックカード「GV-N98TG1 GAMING-6GD」です。

3連ファンの「WINDFORCE 3X 600W」を搭載したオリジナルクーラー採用モデルとなり、デフォルト(Gamingモード)の動作クロックもリファレンスデザインよりも高めに設定されています。(GPUベースクロックは定格の1,000MHzから1,152MHzへ、GPUブーストクロックは定格の1,075MHzから1,241MHzに設定)

オーバークロックユーティリティソフト「OC Guru II」を使用すれば、さらにGPUクロックを引き上げることができます。


GV-N98TG1 GAMING-6GDのスペックを見てみよう!

モデル名GV-N98TG1 GAMING-6GD
GPUNVIDIA GeForce GTX 980 Ti
CUDAコア数2,816基
コアベースクロック1,190MHz(OCモード時)
1,152MHz(Gamingモード時)
ブーストクロック1,279MHz(OCモード時)
1,241MHz(Gamingモード時)
メモリ規格GDDR5
メモリ容量6,144MB
メモリクロック7,010MHz
メモリバス384bit
インターフェイスDisplayPort×3、HDMI×1、Dual Link DVI-I×1、DVI-D×1
対応バスPCI-Express3.0 x16
補助電源コネクター8ピン×2

まずはパッケージをチェック

パッケージの表側です。いかにもGIGABYTEらしいパッケージデザインです。

パッケージ表

パッケージの裏面です。

パッケージ裏

本体をチェック

ファン側

ボディはアルミ製で軽量かつ耐久性に優れています。GIGABYTEオリジナルの3連ファン「WINDFORCE 3X」を搭載。

GV-N98TG1 GAMING-6GDのボディ

ファンブレードの表面には突起が設けられており、形状も一般的なファンとは異なります。

GV-N98TG1 GAMING-6GDのファン

上部

カードの全長は約295mmと、かなりの長さがあります。ATX対応のPCケースでもケースによっては取り付けられない場合もあるので、PCケース選びの際には注意が必要です。

カード上部

補助電源は8ピン×2となります。

補助電源は8ピン×2

本機はGPU温度が50℃を下回る環境ではファンの回転が停止するセミファンレス仕様となります。ファン停止時には「SILENT」と「STOP」のLEDが光り、回転時には「WINDFORCE」のロゴが光る仕様となっています。なお、この「WINDFORCE」のロゴは、ユーティリティソフト「OC Guru II」にて発色を変更することができます。

インジケーターも兼ねたLED

「OC Guru II」は付属のドライバ&ユーティリティディスクよりインストールが可能です。

ドライバ&ユーティリティ

スロット側

スロット側です。隙間から太めのヒートパイプ6本を確認することができます。

カードのスロット側

基盤側

基盤側は金属プレートで保護されています。この金属プレートにより基盤の歪みを防止することができ、また熱吸収にも効果的です。

基盤側は金属プレートで保護

金属プレートには「G1 GAMING」のロゴ。ちなみに「G1」は「GIGABYTE No.1」という意味らしいです。

「G1 GAMING」のロゴ

カードの先端

GV-N98TG1 GAMING-6GDのカード先端です。

カード先端部分

ポート側

インターフェースは DisplayPort×3、HDMI×1、Dual Link DVI-I×1、DVI-D×1 となります。

出力インターフェース

ベンチマークを計測してみた

ベンチマークの検証環境は以下の通り

CPUインテル Core i7-6700 プロセッサー
メモリー16GB PC4-19200(DDR4, 8GB x2, デュアルチャネル)
マザーボードMSI Z170A GAMING PRO
グラフィックカードGIGABYTE GV-N98TG1 GAMING-6GD
ストレージCFD CSSD-S6T256NHG6Q(256GB)Serial ATA 6Gb/s
電源700W (玄人志向 / 80PLUS Platinum認証)
OSWindows 7 Home Premium 64bit
GV-N98TG1 GAMING-6GDを装着

今回の検証ではデフォルトの「Gamingモード」にて3DMarkとファイナルファンタジーXIV(蒼天のイシュガルド)のベンチマークを計測してみました。

3DMark

GIGABYTE GV-N98TG1 GAMING-6GDの「3DMark」ベンチマークスコア

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1280×720ドット (最高品質)] DirectX 11

GIGABYTE GV-N98TG1 GAMING-6GDの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1280×720ドット (最高品質)DirectX 11

FF XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1920×1080ドット (最高品質)] DirectX 11

GIGABYTE GV-N98TG1 GAMING-6GDの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1920×1080ドット (最高品質)DirectX 11

GIGABYTE GV-N98TG1 GAMING-6GDについてのまとめ

NVIDIA GeForce GTX900シリーズ最上位GPU GTX 980 Tiを搭載しているだけあってベンチマークスコアは文句なしのハイスコアとなりました。今回の検証ではデフォルトの「Gamingモード」でベンチマークを計測していますので、ベースクロック:1,279MHz/ ベースクロック:1,190MHz の「OCモード」ならもう少しスコアは伸びたかと思います。なお、GV-N98TG1 GAMING-6GDは、よりパフォーマンスに優れたGPUをGIGABYTEが独自で選別したGPUのみが採用されているので、「OCモード」もメーカー保証範囲内のオーバークロックとなります。

ファンの回転が停止するセミファンレス使用で低負荷時はまさしく無音。また、ファン回転時の動作音も非常に静かで、この部分もかなり評価できます。

ビデオメモリも6GBと大容量。フルHDはもちろんのこと、4K解像度の環境でもゲームを快適にプレイできるパフォーマンスを備えています。


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!