1. ドスパラ大百科ホーム
  2. ドスパラ製品レビュー
  3. GALLERIA XF-Mの実機レビュー

GALLERIA XF-Mの実機レビュー

今回レビューする製品はコレっ!

GALLERIA XF-M (KTM05/H97M)

GALLERIA XF-M 今回レビューさせていただく製品は、人気のミニタワーゲームパソコン「GALLERIA XF-M」です。
CPUは最新の定格4.0GHz駆動 Intel Core i7-4790K (Devil's Canyon)、グラフィックボードはGeForce GTX770 2GBを搭載したハイエンドモデルとなります。

その他、256GBのSSDをカスタマイズで追加し、メモリーは8GB×2枚の16GBを搭載。
CPUクーラーは「静音パックまんぞくコース」。電源はAcBel製の700W 80PLUS BRONZE認証電源を搭載しています。

※今回レビューをする GALLERIA XF-M は基本構成ではないので、ドスパラでカスタマイズした部分も含めてご購入の参考にしていただければと思います。
それでは、早速レビューしていきましょう!



今回レビューをするGALLERIA XF-Mの構成を見てみよう!

モデル名GALLERIA XF-M (KTM05/H97M)
CPUインテル Core i7-4790K プロセッサー
CPUクーラー静音パックまんぞくコース
メモリー16GB PC3-12800(DDR3 SDRAM, 8GB x2, デュアルチャネル)
マザーボードASUS H97M-E
ビデオカードNVIDIA GeForce GTX770 2GB
ハードディスク1TB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
電源700W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE認証)

ケースの外観チェック

フロント部

人気のガレリア専用 KTMミニタワーケースのフロントです。当サイトで前回レビューした「GALLERIA XT-A」で採用されていたガレリア専用 KTミドルタワーケースのミニタワーバージョンとなります。大きさは KTMミニタワーケースが 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm 、そして KTケースが 207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm となります。

GALLERIA XF-Mのフロント外観

フロントのポート類はUSB3.0ポート×2、SDカードスロット、マイク入力、ヘッドフォン出力となります。電源ボタンと横一直線のラインに配置されています。

GALLERIA XF-Mのフロント外観

ガレリア専用 KTMミニタワーケースとKTミドルタワーケースを実際に並べてみました。どちらも人気のケースです。拡張性を考えればもちろんKTミドルタワーケースに軍配が上がりますが、スペースを考えたらKTMミニタワーケースですね…悩むところです。

ガレリア専用 KTMミニタワーケースとKTミドルタワーケースを実際に並べてみた

背面部

マザーボード(ASUS ASUS H97M-E)のポート類はVGAポート、DVI-Dポート、HDMI、USB3.0ポート ×4、USB2.0ポート ×2、LAN、Audioです。ミニタワーなのでMicroATX規格のマザーボードですが、とても充実しています。
ビデオカードは「NVIDIA GeForce GTX770 2GB」を搭載。映像出力は DVI x2、 HDMI x1、 DisplayPort x1 となっています。

GALLERIA XF-Mの背面

サイド部

正面向かって左側のサイドパネルには通気口が完備されています。この部分にファンを取り付けることも可能です。端には「Diginnosサポートセンター」の電話番号が記載されたシールが貼ってあります。

GALLERIA XF-Mの向かって左側のケース側面

正面向かって右側のサイドパネル。特記事項はありませんね。

GALLERIA XF-Mの向かって右側のケース側面

内部チェック

ミニタワー型のケースにハイエンドグラフィックボードが搭載されているので、一見窮屈なように見えますが、しっかりとエアフローが確保されています。配線も上手です。ミニタワー型なので拡張性には欠けますが、他のBTOパソコンメーカーのミニタワーパソコンに比べたら優秀だと思います。

GALLERIA XF-Mの内部

CPUクーラーは「静音パックまんぞくコース」。ミニタワーの筐体なので前回レビューしたミドルタワー「GALLERIA XT-A」と同じ静音パックまんぞくコースでも、クーラーの種類や大きさが異なります。今回搭載されていたCPUクーラーはサイズ(SCYTHE)製の「刀4 SCKTN-4000」でした。

GALLERIA XF-Mに搭載されていたCPUクーラー(静音パックまんぞくコース)

マザーボードはドスパラ定番のASRock製ではなく、ASUSの「H97M-E」が採用されていました。このマザーボードはOEM製品ではなく、一般で市販されているモデルとなります。チップセットは型番をご覧いただければお分かりいただける通り「Intel H97チップセット」となります。

GALLERIA XF-Mに搭載されていたマザーボード ASUS H97M-E

ビデオカードはドスパラ定番の Palit Microsystems製。GPUはNVIDIA GeForce GTX770。GPUベースクロック 1046MHz、ブーストクロック 1085MHz、メモリクロック 7010MHzで、型番は「NE5X77001042-1045F」となります。5本のヒートパイプと3つの80mmファンを搭載しているグラボなので、上位機種に劣らない位の冷却性能が期待できそうです。

GALLERIA XF-Mに搭載されていたビデオカードPalit Microsystems製 NVIDIA GeForce GTX770

電源は AcBel(アクベル)製の700Wを搭載。80PLUS BRONZE認証電源です。基本構成だと500Wの80PLUS BRONZE認証電源となります。

GALLERIA XF-Mに搭載されていたAcBel(アクベル)製の700W 80PLUS BRONZE認証電源

ベンチマークを計測してみた

今回は、3DMark「Fire Strike」と「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」の2つのベンチマークを走らせてみました。結果は下をご覧ください。

3DMark「Fire Strike」

GALLERIA XF-Mの3DMark「Fire Strike」ベンチマークスコア

ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1280×720ドット (最高品質)]

GALLERIA XF-Mの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1280×720ドット (最高品質)

ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1920×1080ドット (最高品質)]

GALLERIA XF-Mの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1920×1080ドット (最高品質)

ファイナルファンタジーの1920×1080ドット (最高品質)でも余裕の10,000越え。ストレスなく快適にプレイできること間違いなしです。3DMarkのFire Strikeでも7,000に迫るスコアですので、ファイナルファンタジー XIV に限らず、ほとんどのゲームで快適なプレイが可能かと思います。
前回レビューをした Intel Core i7 4790K、GeForce GTX760 2GB を搭載した「GALLERIA XT-A」と比較するとGeForce GTX760とGTX770の性能差がよく分かりますので、是非参考にしていただければと思います。



ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XF

Intel Core i7-8700搭載
新定番グラボRTX 2070搭載

179,980円(+税)

GALLERIA ZV

Magnate IM

Intel Core i5-8400搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

62,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA GCF1060GF

Intel Core i7-8750H搭載
NVIDIA GeForce GTX 1060搭載

164,980円(+税)

GALLERIA GKF1060GF

第8世代の人気CPU&最新グラフィックカード GeForce RTX2070 を搭載したGALLERIA XFが堂々1位!