1. ドスパラ大百科ホーム
  2. ドスパラ製品レビュー
  3. GALLERIA XFの実機レビュー

GALLERIA XFの実機レビュー

今回レビューする製品はコレっ!

GALLERIA XF (KT23/H97)

GALLERIA XF 今回レビューさせていただく製品は、ドスパラの売れ筋モデル「GALLERIA XT」と人気を二分する存在の「GALLERIA XF」です。

レビューする本機はCPUをカスタマイズで Intel Core i7-4790(Haswell Refresh)からCore i7-4790K(Devil's Canyon)へスペックアップし、120GBのSSDを追加で搭載しております。電源やメモリは基本構成のままとなります。
ビデオカードに最新の NVIDIA GeForce GTX970 を搭載しているモデルなので、この辺りの実力が1番気になるところです。

※今回レビューをする GALLERIA XF は基本構成から一部カスタマイズしております。ドスパラでカスタマイズした部分も含めてご購入の参考にしていただければと思います。
それでは、早速レビューしていきましょう!



GALLERIA XFの構成を見てみよう!

GALLERIA XFの基本構成スペック

モデル名GALLERIA XF
CPUインテル Core i7-4790 プロセッサー
CPUクーラーノーマルCPUファン
メモリー8GB PC3-12800(DDR3 SDRAM, 4GB x2, デュアルチャネル)
マザーボードインテル H97 チップセット搭載 ATX マザーボード
ビデオカードNVIDIA GeForce GTX970 4GB
ハードディスク2TB
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
電源500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE認証)

今回レビューをするGALLERIA XFの構成

モデル名GALLERIA XF (KT23/H97)
CPUインテル Core i7-4790K プロセッサー
CPUクーラー静音パックまんぞくコース
メモリー8GB PC3-12800(DDR3 SDRAM, 4GB x2, デュアルチャネル)
マザーボードASUS H97-PLUS
ビデオカードNVIDIA GeForce GTX970 4GB
SSD120GB(Intel 530シリーズ)
ハードディスク2TB
光学ドライブブルーレイディスクドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能付き)
電源500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE認証)


ケースの外観チェック

フロント部

人気のガレリア専用 KTケースのフロントです。当サイトで以前レビューしている前モデルの「GALLERIA XG-A」や「GALLERIA XF-A」などと見た目は同じですが、1点改良されている部分が「USB2.0ポート→SDカードスロット」の点です。個人的にはSDカードを頻繁に使用するのでかなり嬉しい変更点ですが、おそらくそういった使用者の声や利便性に応えるかたちで改良したものと思われます。フロント端のラインは日本刀をモチーフにしているらしく、確かに剣先のようなデザインになっています。こういった部分に遊び心とこだわりを感じますね。

GALLERIA XFのフロント外観

フロントにはUSB3.0ポート、SDカードスロット、マイク入力、ヘッドフォン出力、リセットスイッチ、電源ボタンがあり、全て一直線のラインで並んでいます。

GALLERIA XFのフロントUSB3.0ポートや電源ボタン

天面部

天面には通気口が2つ完備されており、背面側の通気口には標準でファンが搭載されています。もちろんドスパラのカスタマイズでフロント側の通気口にもファンを増設することができます。天板は比較的薄い作りなのでファンを増設することにより強度も増すのでおすすめです。

GALLERIA XFの天面

背面部

マザーボード(ASUS H97-PLUS)のポート類はPS/2ポート(マウス、キーボード)、VGAポート、DVI-Dポート、HDMI、USB3.0ポート ×4、USB2.0ポート ×2、LAN、Audioです。

GALLERIA XFの背面

ビデオカードは「NVIDIA GeForce GTX970 4GB」を搭載。もちろん2スロット分を占有しています。映像出力は DVI x1、 miniHDMI x1、 miniDisplayPort x3 です。

GALLERIA XFに搭載されていたGTX970のポート類

サイド部

正面向かって左側のサイドパネルには2つ通気口が完備されています。この部分にファンを取り付けることも可能です。

GALLERIA XFの向かって左側のケース側面

正面向かって右側のサイドパネル上部にも通気口が完備されています。

GALLERIA XFの向かって右側のケース側面

内部チェック

CPUクーラーが巨大ですが、それでもゆとりがあってスッキリまとまっています。配線もエアフローをしっかり計算した上で束ねてあるので、「ドスパラでBTOパソコン買うならわざわざプラグインの電源ユニットにカスタマイズする必要ないんじゃない?」と正直言って感じてしまいますね…
ドスパラのケースはハイエンドなビデオカードでも搭載できるように奥行が長く設計(KTケースは520.7mm)されています。ネットで「ドスパラはケースの中身がスカスカ」と揶揄されることがありますが、これは間違いで「中身がスカスカ」なのではなく、「内部にゆとりがある」というのが正解です。本当にネットの書き込みってテキトーですね…

GALLERIA XFの内部

3.5インチシャドウベイは全部で5段。もちろん2.5インチのSSDやハードディスクを取り付けることも可能です。

GALLERIA XFの内部(3.5インチシャドウベイ)

手前の突起部分に指を掛けて引けば簡単にHDDマウンタを取り出せるので、自分で増設をする際はとても便利です。

GALLERIA XFの3.5インチシャドウベイに設置されたマウンタ

CPUクーラーは「静音パックまんぞくコース」。静音ももちろんですが、これだけ大きなファンとヒートシンクが付いていれば冷却機能もかなり期待できます。ドスパラのデスクトップパソコンには、ほとんどと言っていいほど採用されている「DeepCool/九州風神」製です。

GALLERIA XFに搭載されていたCPUクーラー(静音パックまんぞくコース)

マザーボードはドスパラ定番のASRock製ではなく、ASUSの「H97-PLUS」が採用されていました。前回レビューの同じH97チップセットのマザーボードを搭載した「GALLERIA XF-M」や「GALLERIA XT-A」でもASUS製のマザーボードが採用されていたので、もしかしてH97チップセットのマザーボードはASUS一択なのでしょうか?少なくともH87チップセットのマザーボードを搭載した少し前のモデルではASRock製のマザーボードが採用されていました。

GALLERIA XFに搭載されていたマザーボード ASUS H97-PLUS

ビデオカードはドスパラが国内販売代理店を務める Palit Microsystems製。GPUはNVIDIA GeForce GTX970でビデオメモリ (VRAM)は4096MB。型番は「NE5X970014G2-2041F」となります。

GALLERIA XFに搭載されていたビデオカードPalit Microsystems製 NVIDIA GeForce GTX970 4GB

※2015年2月時点、今回のレビュー機にも搭載されているPalit製のGeForce GTX970が「無音ハイブリッド(ファンが止まる)動作「0-dB TECH」対応JetStreamクーラー採用グラフィックス」へ無料アップグレード中となります。気になる方はこちらのドスパラの公式サイトでチェックしておきましょう。

「0-dB TECH」対応JetStreamクーラー採用のPalit Microsystems製 NVIDIA GeForce GTX970

電源は基本構成のままの AcBel(アクベル)製の500Wを搭載。80PLUS BRONZE認証電源です。「静音電源」と謳っているだけあってファンの音は非常に静かです。

GALLERIA XFに標準搭載されているAcBel(アクベル)製の500W 80PLUS BRONZE認証電源

ベンチマークを計測してみた

今回は、3DMark「Fire Strike」と「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」の2つのベンチマークを走らせてみました。最新世代「Maxwell」アーキテクチャ採用の高性能グラフィックス「GeForce GTX 970」を搭載したゲームパソコン「GALLERIA XF」はどんなスコアを出すのでしょうか?結果は下をご覧ください。

3DMark「Fire Strike」

GALLERIA XFの3DMark「Fire Strike」ベンチマークスコア

ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1280×720ドット (最高品質)]

GALLERIA XFの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1280×720ドット (最高品質)

ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編 [1920×1080ドット (最高品質)]

GALLERIA XFの「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編」ベンチマークスコア 1920×1080ドット (最高品質)

3DMark「Fire Strike」のスコアは10,000に迫る勢いです。前回レビューした前世代GPU「GeForce GTX 770」と「Core i7-4790K プロセッサー」を搭載したGALLERIA XF-Mのスコアと比べると大幅に性能アップ(40%程度のスコアアップ)していることが分かります。ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編のベンチマークスコアも文句ナシの数値でゲームを快適に楽しむためのパフォーマンスは非常に高いと言えます。
正直なところ、実際にレビューするまでここまで高いスコアが出るとは思っていませんでした。ドスパラ公式サイトでは「GALLERIA XT」がおすすめNo.1商品として紹介されていますが、コストパフォーマンスなど総合的に考えた場合、管理人個人的にはこの「GALLERIA XF」を1番おすすめしたいところです。



ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XF

Intel Core i7-8700搭載
新定番グラボRTX 2070搭載

179,980円(+税)

GALLERIA ZV

Magnate IM

Intel Core i5-8400搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

62,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA GCF1060GF

Intel Core i7-8750H搭載
NVIDIA GeForce GTX 1060搭載

164,980円(+税)

GALLERIA GKF1060GF

第8世代の人気CPU&最新グラフィックカード GeForce RTX2070 を搭載したGALLERIA XFが堂々1位!