1. ドスパラ大百科ホーム
  2. ドスパラ製品レビュー
  3. dynabook Tab S80 S80/TG

dynabook Tab S80 S80/TGの実機レビュー

今回レビューする製品はコレっ!

東芝 dynabook Tab S80 S80/TG PS80TGP-NYA

東芝 dynabook Tab S80 S80/TG PS80TGP-NYA 今回レビューさせていただく製品は、最新OS「Windows 10 Home」をプレインストールした東芝の10.1型 Windowsペンタブレット「dynabook Tab S80 S80/TG PS80TGP-NYA」です。

dynabook Tab S80は「ペンタブレット」と謳っているだけあって「ペンで書くこと」に対して非常にこだわった製品で、モバイル機器用ペン入力部品で業界をリードするワコム社と東芝が協業で開発したタブレットとなります。

専用デジタイザーペンに、2,048段階の感圧センサーを内蔵。ペンの筆圧応答精度が向上し、筆圧に応じて線の太さや濃淡を微妙に変えることも可能。表情豊かな文字や線を書くことができます。


東芝 dynabook Tab S80 S80/TGの構成を見てみよう!

モデル名dynabook Tab S80 S80/TG PS80TGP-NYA
ディスプレイ10.1型ワイド WXGA(1,280×800ドット) タッチパネル付き LED液晶
CPUインテル Atom Z3735F プロセッサー
メモリ2GB DDR3L-1333対応 SDRAM
グラフィックスインテル HD グラフィックス
ストレージ64GBフラッシュメモリ
OSWindows 10 Home 32ビット

本体チェック

ディスプレイ側

ディスプレイは10.1型。少し太めで持ちやすいペンがセットのペンタブレットとなります。
解像度はWXGA(1,280×800ドット)で、LED液晶が採用されています。

dynabook Tab S80 S80/TGと付属のペン

ペンはもちろんのこと、指でもタッチ操作可能です。

dynabook Tab S80 S80/TGのディスプレイ

視野角はそこまで良くはありません。

視野角チェック

ディスプレイ上部の中央にはインカメラを内蔵。

フロントのWebカメラ

上側面部

上側面部にはWindowsボタン、音量ボタン、マイク入力、電源ボタンが装備されています。

上側面部

サイド

正面向かって左サイドです。左サイドにはヘッドセット端子、スピーカー、microSDカードスロット、HDMI(micro)出力端子、microUSBコネクタを装備。充電はこちら側のmicroUSBコネクタから行います。

左サイド

右サイドにはスピーカーとペンホルダーを装備。スピーカーは、左サイドと右サイドにそれぞれ配置されており、ステレオに対応しています。

右サイド

ペンホルダーは下の画像のようにクリップ部分をホールに入れて使用します。

ペンクリップホルダー

背面部

背面部です。ボディカラーには東芝製PCではお馴染みの「サテンゴールド」が採用されています。落着きがある色合いで高級感が漂います。

dynabook Tab S80 S80/TGの背面

左下には「TOSHIBA」のロゴ。

背面の社名ロゴ

右上には約800万画素のWebカメラを搭載。

背面のWebカメラ

ACアダプターとUSB2.0ケーブルのチェック

dynabook Tab S80 S80/TGは左サイドのmicroUSBコネクタから給電を行います。

付属のmicroUSBコード

ACアダプターも小さめで持ち運びにも適しています。

ACアダプターとmicroUSBコード

使い心地をチェック

本体の重量は約565g。片手で持ってもそこまでストレスを感じる重さではありません。

重量は約565g

画面解像度はWXGA(1,280×800ドット)なので決して高くはないですが、使用してみた感じでは精細さに物足りなさを感じることはありませんでした。

画面解像度はWXGA(1,280×800ドット)

dynabook Tab S80 S80/TGについてのまとめ

dynabook Tab S80 S80/TGは「ペンで書くこと」にとことんこだわったペンタブレットです。紙のノートのように、すらすら書ける。太さや濃淡も表現できる。新方式「アクティブ静電結合方式」で、より自然な書き心地を実現しています。

また、さまざまなシーンに役立つ、3つのビジネスアプリを搭載し、プライベートでの使用はもちろんのこと、ビジネスシーンにおいても幅広く活用することができます。

インターフェースにフルサイズのUSB端子が装備されていないのが若干残念ではありますが、オプションでフルサイズUSB接続+充電が可能な「USB デバイスアンドチャージケーブル」というものもあります。その他、専用のBluetooth キーボードもオプションとして用意されていますので、合わせてご検討されてみてはいかがでしょうか。


東芝製品に関しての詳しい情報はこちら
東芝ダイレクト

ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!