1. ドスパラ大百科ホーム
  2. 管理人の気まぐれレポート
  3. TrackPoint付きキーボード「IBM Model M13」のレビュー

これぞ名機!? IBM M13のレビュー

更新日:2018年12月3日

使い心地に中毒性のあるキーボード「IBM Model M13」

今回レビューさせていただく製品はおよそ20年くらい前に販売されていたIBM社のTrackPoint付きキーボード「Model M13」です。パソコン周辺機器としてはかなりの年代物ですが、管理人は数年前にどうしても欲しくてネットオークションにて購入後、大事に大事に使ってまいりました。
元々は管理人の知り合いの社長さんが会社で使用していて、そちらを使わせていただく機会があり、この「Model M13」というキーボードと出会ったのですが、その時のタイプした感触が忘れられず数年後に手に入れたという経緯がございます。それまではどちらかというと「キーボードなんて入力できれば何でもいいじゃん」と管理人は思っていたのですが、その考えを改めさせてくれたキーボードでもあります。
そもそもこんな年代物のキーボードをレビューする予定はなかったのですが、今でも現役で使えるという耐久性とModel M13に関するレビュー記事が少なかったので、今回「気まぐれレポート」にてレビューしてみることにしました。

IBM Model M13

本体をチェック

キーボード部分をチェック

IBM Model M13などIBMのキーボード「Model-M」のスイッチ機構には「バックリングスプリング」というものが搭載されています。打鍵音はかなり独特で、分かりやすく表現するとメカニカルキースイッチをより強くした感じです。キーを押した感じも一般的なキーボードよりメカニカルキースイッチに近いです。キーの反発具合も適度で使い心地は抜群です。

バックリングスプリング

キーピッチは計測してみたところ19.0~19.5mmでした。個人差はあるかと思いますがとてもタイプしやすいピッチで、ストレスなくタイプすることができるキーボードだと思います。

Model M13のキーピッチ

スペースキーはおよそ6キー分の幅があります。現在主流の日本語109キーボードであればスペースキーの左隣に無変換キーがあるのですが、IBM Model M13にはないため、最初は若干使いづらさを感じるかもしれません。

Model M13のスペースキー

テンキー部分です。テンキーにももちろん「バックリングスプリング」が採用されています。

Model M13のテンキー

TrackPoint部分をチェック

IBM Model M13にはThinkPadでお馴染みの「TrackPoint」が搭載されています。正直管理人はTrackPointをほとんど使用しないのですが、ThinkPadユーザーなら絶対に付いてて嬉しい機能ですよね。

Model M13のTrackPoint

キー周りをチェック

本体の左上には「IBM」のロゴ。カッコイイですね~

「IBM」のロゴ

本体の右上にはインジケーターランプが搭載されています。

インジケーターランプ

裏側をチェック

IBM Model M13の裏側です。一目見て感じるのは剛性ですね。「ちょっとやそっとじゃ壊れないぜ」っていう質感が何とも言えません。

IBM Model M13の裏側

IBM Model M13の重量はちょっとしたノートパソコンくらいあるのでチルトスタンドはかなり頑丈な作りのものが採用されています。

チルトスタンド

キーボード本体の裏側にはマウス用のPS/2端子を装備。TrackPointとマウスを併用する際に使うのだと思いますが、今現在はUSBマウスやUSBレシーバーを介した無線マウスが主流となっているのであまり出番はないかも知れません。

マウス用のPS/2端子

端子をチェック

IBM Model M13の端子にはPS/2端子が採用されています。キーボードなのに何故2つのPS/2端子が搭載されているかというと、IBM Model M13には「キーボード」と「TrackPoint」の2つの入力機能が搭載されているからです。

2つのPS/2端子

今現在のマザーボードにはそもそもPS/2端子が搭載されていないモデルや搭載されていても両対応で1つしかPS/2端子が搭載されていないモデルがあります。そういった場合には下の2分配変換ケーブルを用いると問題なく「キーボード」と「TrackPoint」を使うことができます。

2分配変換ケーブル

IBM Model M13 についてのまとめ

IBM Model M13にはThinkPadの象徴とも言えるTrackPointが搭載されいるのでThinkPadユーザーはその使いやすさにすぐ気づいていただけるかと思います。

現代のキーボードに慣れている方は独特な打鍵感に最初戸惑うかと思いますが、しばらく使えば管理人のようにその魅力に取りつかれてしまうかと思います。ちなみにこのレビュー記事もIBM Model M13で入力しています。

IBM Model M13は年代物キーボードなので基本的に中古品しか入手できませんが、ネットオークションには結構出回っているので、興味ある方は是非探してみて下さい。


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XF

Intel Core i7-8700搭載
新定番グラボRTX 2070搭載

179,980円(+税)

GALLERIA ZV

Magnate IM

Intel Core i5-8400搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

62,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA GCF1060GF

Intel Core i7-8750H搭載
NVIDIA GeForce GTX 1060搭載

164,980円(+税)

GALLERIA GKF1060GF

第8世代の人気CPU&最新グラフィックカード GeForce RTX2070 を搭載したGALLERIA XFが堂々1位!