1. ドスパラ大百科ホーム
  2. 大百科ニュース
  3. さまざまな作業現場での生産性向上に貢献する新ブランド「dynaEdge」を発表 – 東芝

2018年1月24日

さまざまな作業現場での生産性向上に貢献する新ブランド「dynaEdge」を発表 – 東芝


さまざまな作業現場での生産性向上に貢献する、モバイルエッジコンピューティングを提唱し、昨年9月よりモバイルエッジコンピューティングデバイス「DE100」を発売しておりますが、対応領域拡大に向けた仕様強化をおこない、新たなブランド「dynaEdge」を採用し、「dynaEdge DE100」として一新します。またインテリジェントビューア「AR100」、遠隔支援アプリケーション「Vision DE Suite」(ビジョン ディーイー スイート)を商品化し、2月中旬より発売します。

「dynaEdge DE100」は、これまでノートPC事業で培った高密度実装技術を駆使し、さまざまな環境でエッジコンピュ―ティングを可能にするデバイスです。新商品は、新たにWindows 10 IoT Enterpriseを搭載するモデルを用意し、特定業務におけるエッジコンピューティング利用において、高いセキュリテイを提供します。また「dynaEdge DE100」は、Microsoft AI プラットフォームの一部であるAIサービス(Cognitive Services)でのエッジデバイスとしての検証も行っており、AI を利用した次世代アプリケーションを実現するプラットフォームとして利用できます。また、「dynaEdge DE100」はMicrosoft Azure Certified for IoT プログラムにおいて認定されており、さまざまなIoTのニーズに応えられる製品となっています。 – 東芝

現場で働く人をサポートするとても画期的な製品だと思います。
製品の紹介動画も拝見しましたが、dynaEdge DE100とインテリジェントビューア AR100を使えば物流のピッキング作業とかスゴく効率的に行うことができます。ピッキング作業は商品を探し出すところから始まり、何度も伝票や指示書を見て商品を間違えのないように集めてこなければなりませんが、AR(拡張現実)によって迷うことなく商品を探し出し、正確にピッキングすることができます。
AR(拡張現実)の進歩によって様々な業種の業務がより一層効率的に行えるようになり、労働生産性も上がるというのはなんだかワクワクしてきますね。

記事を読む


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA ZV

Intel Core i7-8700K搭載
NVIDIA GeForce GTX1070 Ti搭載

179,980円(+税)

GALLERIA ZV

Magnate IM

Intel Core i5-7400搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA GKF1060GF

Intel Core i7-7700HQ搭載
NVIDIA GeForce GTX 1060搭載

169,980円(+税)

GALLERIA GKF1060GF

最新6コアCPU&最新グラフィックカード GeForce GTX1070 Ti を搭載したGALLERIA ZVが堂々1位!