1. ドスパラ大百科ホーム
  2. 自作パソコン組み立てマニュアル
  3. CPUクーラーを取り付ける

自作パソコン組み立てマニュアル

自作パソコンの組み立てを初心者にも分かりやすく写真付きで解説

【ステップ2】 CPUクーラーを取り付ける

CPUクーラーとは

CPUクーラーとはその名の通り、CPUを冷やす(熱を逃がす)役割を果たす物です。通常、CPUを購入すると「リテールクーラー」と呼ばれるCPUクーラーが付属いたします。まずはリテールクーラーの取り付け方を覚えましょう。

CPUとCPUに付属するリテールクーラー

CPUに放熱グリスを塗布する

CPUを新品で購入された場合は、下の写真のように付属のリテールクーラーに予めグリスが塗布されていますので、放熱グリスを改めて塗る必要はありません。中古のリテールクーラーやリテールクーラー以外のCPUクーラーは自身で放熱グリスを塗る必要があります。

リテールクーラーの裏側

放熱グリスはCPUクーラーに必ず付属(大抵はビニールの簡易パッケージに入っています)しますが、今回は別売りの注射型CPUグリスを使用して解説します。

注射型CPUグリス

まずは適量をCPUの上に出します。

CPUへCPUグリスを出す

塗りすぎるとCPUクーラーを取り付けた際に脇に漏れ出す可能性がありますので、注意が必要です。下の写真程度の量で充分かと思います。

CPUグリスの量を確認

放熱グリスをCPUのヒートスプレッダ(銀色の部分)に万遍なく塗っていきます。なるべく均等に塗る必要があるので、CPUグリス用のへらを使用した方が良いかと思います。

CPUグリスを塗る(その1)
CPUグリスを塗る(その2)

CPUクーラーのピンがきちんと引き上がっているか確認する

ピンがきちんと引き上がっているか確認するにはCPUクーラーをひっくり返してピン先を見れば一目でわかります。これが引き上がっていない状態ではCPUクーラーを取り付けることができません。

CPUクーラーのピンを確認(その1)
CPUクーラーのピンを確認(その2)

CPUクーラーのピンの向きを確認する

CPUクーラーはCPUと常に密着していないといけないため、密着した状態でロックされます。このロックをしっかりとしていないとCPUクーラーが外れたりする危険性があります。CPUを新品で購入された場合は、ピンの向きはそのままで取り付ければ大丈夫ですが、中古で購入された場合は、きちんと確認をして間違えの無いようにしましょう。

CPUクーラーのピンのロックを確認(その1)
CPUクーラーのピンのロックを確認(その2)

CPUクーラーをマザーボードに装着する際は、「ピンが引き上げられた状態で、なおかつロックされた状態」で取り付けなければなりません。ロック解除の状態で装着して後からロックをしようとした場合、押し込む力が足りずにきちんと装着できていない場合があります。


CPUクーラーをマザーボードに取り付ける

ここまで準備が整ったら、CPUクーラーをマザーボードに取り付けます。この時にマザーボードの下にエアキャップ(プチプチ)を2~3枚重ねて置いておいたほうが取り付けやすいのでオススメです。
取り付けの向きに決まりはありませんが、配線のしやすい向きで取り付けるのが一番良いかと思います。マザーボードのCPUファンを取り付けるホールにCPUファンのピンが合わさるように置きます。しっかりと位置が合っていることを確認したら、CPUファンを上から押しつけて、ピンをホールにしっかりと挿入させます。

マザーボードの下にエアキャップを敷く
マザーボードのCPUファンを取り付けるホール位置を確認
CPUクーラーをマザーボードに載せる

次にCPUファンのピンを固定していきます。下の写真のようにピンの上部を指で1か所づつしっかりと押しつけて固定していきます。「カチャ」と音がするまでしっかりと押します。最初に固定する箇所はどこからでも構いませんが、その次は斜向いのピンを固定するようにしましょう。

CPUクーラーのピンを指で押してロックしていく(その1)
CPUクーラーのピンを指で押してロックしていく(その2)
CPUクーラーのピンを指で押してロックしていく(その3)
CPUクーラーのピンを指で押してロックしていく(その4)

きちんと取り付けできているか確認をする

まずはCPUクーラーを持ってガタつきが無いか確認をします。ガタつきが無いことを確認したら、マザーボードをひっくり返して裏側を確認します。CPUクーラーのちょうど真裏を見てピンがしっかりと刺さっているか確認をします。

CPUクーラーがマザーボードにきちんと取り付けられているか確認

CPUファン用のコネクタを接続する

ファンレスではない限り、CPUクーラーにはCPUファン用の電源ケーブルが付いています。これをマザーボードの「CPU_FAN」と記されたコネクタに接続します。このコネクタはCPUクーラーの取り付け位置のすぐ近くにあります。

CPUクーラー(CPUファン)の電源ケーブル
マザーボードの「CPU_FAN」コネクタ

ケーブルのまとめ方は人それぞれあるかと思いますが、私はいつも下の写真のようにケーブルをまとめています。

CPUクーラー(CPUファン)の電源ケーブルのまとめ方

電源ケーブルをコネクタに接続してCPUクーラーの取り付け作業は完了です。

CPUクーラーのCPUファン用の電源ケーブルをマザーボードの「CPU_FAN」と記されたコネクタに接続
CPUクーラーの取り付け完了


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!