1. ドスパラ大百科ホーム
  2. BTOパソコン比較
  3. ドスパラとパソコン工房を比較(2014~2015年調査)

ドスパラとパソコン工房を比較

パソコン工房とは

パソコン工房は株式会社ユニットコムが運営するパソコンショップです。BTOパソコンの「Lesance(レサンセ)」や「Amphis(アンフィス)」で有名なショップでしたが、現在では「iiyama(イイヤマ)」というブランド名に統一をしてパソコンの販売を行ってるようです。ちなみに株式会社ユニットコム自体もマウスコンピューターと同じ株式会社MCJグループの傘下に入っています。


パソコン工房の特徴とドスパラの特徴を比較してみる

パソコン工房とドスパラのパソコンで採用されているパーツを比較

管理人が中古パソコンショップに勤めていた時に見てきた、パソコン工房のBTOパソコンに比較的多く採用されていたパーツの特徴とドスパラに搭載されていたパーツの特徴を比較してみました。
※なお、CPU、メモリー、HDD、光学ドライブは、各社採用されているパーツに差はないので、省かせていただきます。

マザーボード

パソコン工房(Lesance、Amphis)のマザーボードには比較的MSI(エムエスアイ)製のOEMマザーボードが採用されている製品を多く見かけました。次いで多かったのはECS(エリートグループ・コンピューター・システムズ)製のマザーボードです。現行のゲームパソコンにはASUS製のマーザーボードが採用されているモデルもあります。ドスパラは圧倒的にASRock製のマザーボードが多いです。

ビデオカード(グラフィックカード)

パソコン工房(Lesance、Amphis)のビデオカードはMSI(エムエスアイ)製とZOTAC(ゾタック)製をよく見かけました。このあたりは、マウスコンピューターとよく似ていますね。また、GIGABYTE(ギガバイト)製のビデオカードを搭載しているAmphisも見たことがあります。なお、ドスパラは国内の代理店契約をしているPalit (パリット)製のビデオカードを積極的に採用しています。

電源ユニット

同グループ会社のマウスコンピューターの流れなのかは分かりませんが、パソコン工房も最近では標準構成で500W 80PLUS SILVER認証を採用している製品が多いです。ただ、やはりマウスコンピューターと同様、カスタマイズの項目にどのメーカーなのか一切記載がありません…せめてSILVERSTONEやオウルテックなどの評判が良い電源をカスタマイズで選択出来れば良いと思うのですが…
現在の「iiyama」ブランドの前身「Lesance(レサンセ)」や「Amphis(アンフィス)」でよく見かけた電源は、「POWER MAN」というよく分からない電源(調べましたが詳細が掴めませんでした…)と「ANTEC(アンテック)」製の電源でした。「ANTECの電源は評価できるとして、POWER MANってどうなの…」って正直思っていましたね。見た目も重さもちゃちい電源でした…ドスパラは、標準構成で搭載されている電源にEVER GREEN(エバーグリーン)製やDELTA製を搭載しているパソコンが多かったです。現在ではAcBel製の電源を積極的に採用しているようですね。

Lesance(レサンセ)、Amphis(アンフィス)のパソコンに搭載されていた電源

CPUクーラー

パソコン工房(Lesance、Amphis)のパソコンは、CPUに元々付属しているリテールクーラーをそのまま採用しているモデルも多く見かけたので、標準CPUクーラーにはあまりこだわりがないのかな…?とも感じます。もちろんモデルによってはカスタマイズ可能で、水冷クーラーをカスタマイズできるモデルも多数あります。一方のドスパラは標準CPUクーラーの場合でもCPU付属のリテールクーラーではなく、少しこだわったクーラーが搭載されています。最上位のカスタマイズはパソコン工房と同じく水冷クーラーとなります。

Lesance(レサンセ)、Amphis(アンフィス)に搭載されていたCPUクーラー

PCケース

パソコン工房のBTOパソコンで採用されているPCケースは、Lesance、Amphisブランドからiiyamaブランドに変更後、ロゴだけ変えてそのまま採用され続けているモデルもあります。見た目は光沢フロントグリルタイプと、非光沢フロントグリルタイプがあり、オリジナルと思いきや、そのほとんどがIN WIN(インウィン)製のOEMと思われるPCケースです。ゲームパソコンではCOOLERMASTER(クーラーマスター)製のケースを採用しているモデルもあります。また、パソコン工房はケースを標準仕様からカスタマイズできないようです。拡張性はというと、タワー型はまあまあだとして、ミニタワー型はほぼ「0」に等しいですね…現行のモデルと姿、形が同じAmphisのケースは、拡張できても5インチベイ1つのみといった感じでした。ドスパラは、パソコン工房とは対照的にオリジナルケースにこだわっており、タワー型からミニタワー型までオリジナルで揃えております。もちろんカスタマイズで他のケース(Antec製やCoolerMaster製)に変更も可能です。なお、コンパクト・スリムパソコンはパソコン工房と同様IN WIN製を採用しております。

パソコン工房のiiyamaプランドに採用されていたIN WINのPCケース

ドスパラのミニタワーパソコンに採用されているPCケース

標準モデルでCPUとVGAが同スペックの製品を比較してみた

ドスパラとパソコン工房の標準モデルパソコンで製品性能と値段を比較してみました。なお、一番値段が左右されるCPUとビデオカードを同じスペックとして、それ以外のパーツを比較し易くしています。

ドスパラの性能比較 パソコン工房の性能比較 特記事項
製品名 GALLERIA XF-A PASSANT i7AH9N77
OS Windows8.1
(0円でWindows 7に変更可)
Windows 7
(0円でWindows 8.1に変更可)
CPU インテル Core i7-4790 インテル Core i7-4790
CPUクーラー 静音パックまんぞくコースLite
(ノーマルの1段階上の仕様)
標準(リテール)クラスCPUクーラー やっぱりCPUクーラーにこだわるドスパラ
マザーボード インテル H97 チップセット ASUS H97-PLUS/SI 信頼のASUSブランド!
メモリ 16GB DDR3 PC3-12800/8GBx2 8GB DDR3 PC3-12800/4GBx2
SSD なし(追加可能) なし(追加可能)
HDD 2TB HDD (SATA6Gb/s対応) 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)
ビデオカード NVIDIA GeForce GTX770 2GB NVIDIA GeForce GTX770 2GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 700W (AcBel製)
80PLUS BRONZE認証
700W (メーカー不明)
80PLUS STANDARD認証
高性能なVGAを搭載するなら80PLUS BRONZE認証は最低でも欲しい
ケース ガレリアオリジナル
(タワー)
CoolerMaster CM 690 III
(タワー)
カードリーダー SDカードリーダー なし(追加可能) 個人的にはカードリーダーは欲しいかな
保証期間 1年 1年 パソコン工房は保証期間内の場合、往復送料無料
送料 2,000円 2,000円
価格 141,980円(+税)送料含む 136,980円(+税)送料含む 差額 5,000円

パソコン工房の上記スペックをドスパラのスペックに合わせてカスタマイズをすると、送料を含め「156,720円(+税)」となります。ちなみに電源は80PLUS BRONZE認証のカスタマイズがパソコン工房のこのモデルでは存在しなかったので、標準の80PLUS STANDARDのままでの合計金額となります。そう考えるとドスパラのほうが若干コストパフォーマンスに優れているのではないかと思います。しかしパソコン工房はASUS製マザーボードや、CoolerMaster CM 690 IIIのケースなど人気のパーツを採用していますので、管理人的にはかなり好感が持てます。


ドスパラとマウスコンピューターの比較をまとめてみる

パソコン工房もマウスコンピューターと同様で「OEM製品を上手く活用し、原価と仕入価格を安くしてコストパフォーマンスを上げている」と言えます。ドスパラは「ケースやCPUファンなどをオリジナルの物だったり独自の仕入れ先の製品を採用してコストパフォーマンスを上げている」といった感じ。両社共に間違いなくコストパフォーマンスは高いです。



他のBTOパソコンメーカーの比較もチェック!

ドスパラとマウスコンピューターを比較

MCJグループの代表格でもあるマウスコンピューターとドスパラを徹底比較!(2014~2015年調査)

マウスコンピューターとドスパラを徹底比較!

ドスパラとパソコン工房を比較

ユニットコムグループの代表格でもあるパソコン工房とドスパラを徹底比較!(2014~2015年調査)

パソコン工房とドスパラを徹底比較!

ドスパラとフロンティアを比較

BTOパソコン業界の老舗として名高いフロンティアとドスパラを徹底比較!(2014~2015年調査)

フロンティアとドスパラを徹底比較!

ドスパラとSycom(サイコム)を比較

自由自在なカスタマイズが可能なSycom(サイコム)とドスパラを徹底比較!(2014~2015年調査)

Sycom(サイコム)とドスパラを徹底比較!

ドスパラとeX.computerを比較

ヤマダ電機グループが製造・販売するeX.computerとドスパラを徹底比較!(2014~2015年調査)

eX.computerとドスパラを徹底比較!

Epson Direct(エプソン ダイレクト)の評判と魅力と比較

Epson Direct(エプソン ダイレクト)の評判と魅力について調査してみた。(2014~2015年調査)

Epson Direct(エプソン ダイレクト)の評判と魅力と比較

※比較の内容につきましては、それぞれのメーカーを差別化するために、できる限り細かな部分まで比較しております。管理人の個人的な意見や見解も含まれておりますので、予めご了承ください。


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!