1. ドスパラ大百科ホーム
  2. BTOパソコンのカスタマイズを攻略
  3. 電源ユニット

電源ユニット

電源ユニットについて知ろう!

「電源ユニット」とはデスクトップ型のパソコンに装着されている四角い箱型の電力供給装置です。家庭用の交流電源から受電し、直流に変換をしてCPUやCPUファン、HDDやビデオカードなど各部品に供給する役割を担っています。搭載しているパーツが多ければ多いほど供給しなければならない電力が大きくなるので、その分電源の容量(総出力)が必要となります。特にビデオカードは消費電力が高く、ハイスペックになればなるほど消費電力も高くなります。
電源ユニットには、変換効率のランクを表す「80PLUS」の認証電源や、ケーブル着脱式の「プラグイン式」など様々な種類のものがあります。


プラグイン式と直出し式の違いは?

プラグイン式電源ユニット

「プラグイン式」とはケーブルの着脱が可能なタイプの電源ユニットのことです。構成に必要なデバイスケーブルのみを電源ユニットに接続して使用することにより、余った不要なケーブルを排除することができ、PCケース内の配線をすっきりさせることができます。PCケース内の配線をすっきりさせることにより、ケース内部の掃除がし易いということと、エアフロー(空気の流れのこと)の確保がし易いといったメリットがあります。

「プラグイン式」の電源ユニット
ドスパラでカスタマイズしたGALLERIAに搭載された「プラグイン式」の電源ユニット

直出し式電源ユニット

「直出し式」とは、その名称の通り、電源ユニットから直にケーブルが出ているタイプの電源ユニットのことです。構成に使用しない不要なケーブルも取り外すとこができないので、PCケース内の配線がゴチャゴチャしがちです。余ったケーブルを上手にまとめないとエアフローがきちんとできずにPCケース内の温度が上がっていき、ハードウェアの寿命が短くなってしまう恐れがあります。BTOパソコンメーカーの標準仕様のデスクトップパソコンには、この直出し式の電源ユニットが採用されていますが、BTOパソコンメーカーは配線をとても上手にまとめており、エアフローの確保はきちんとできています。

「直出し式」の電源ユニット
GALLERIAに標準搭載されていた「直出し式」の電源ユニット

「80PLUS認証電源」ってなに?

「80PLUS」のマーク 「80PLUS」とは、80PLUSプログラムが推進する電気機器の省電力化プログラムのことで、このプログラムの認証を受けている電源が「80PLUS認証電源」となります。この80PLUSの認証を受けた電源がどういう電源かというと、「電源ユニットが交流から直流に変換する変換効率が“80%以上”の基準を満たした電源」ということです。80PLUSには変換効率によってのランクがあり、「80PLUS(スタンダート)」、「80PLUS BRONZE」、「80PLUS SILVER」、「80PLUS GOLD」、「80PLUS PLATINUM」、「80PLUS TITANIUM」という6種類(2014年現在)があります。右に行くほど高ランクになり、価格も高くなります。


80PLUS認証ランクの変換効率の規格

80PLUS ランク 定格20%時の変換効率 定格50%時の変換効率 定格100%時の変換効率
80PLUS(スタンダート) 80% 80% 80%
80PLUS BRONZE 82% 85% 82%
80PLUS SILVER 85% 88% 85%
80PLUS GOLD 87% 90% 87%
80PLUS PLATINUM 90% 92% 89%
80PLUS TITANIUM 92% 94% 90%

ドスパラのパソコンに搭載されていた電源ユニット

GALLERIAに搭載されていた「80PLUS」の電源ユニット
GALLERIAに搭載されていた「80PLUS BRONZE」の電源ユニット
GALLERIAに搭載されていた「80PLUS SILVER」の電源ユニット
GALLERIAに搭載されていた「80PLUS GOLD」の電源ユニット
GALLERIAに搭載されていた「80PLUS PLATINUM」の電源ユニット

電源はどうやって選べばいいの?

ドスパラで電源をカスタマイズする場合、管理人個人的な意見としては「標準搭載の電源ユニットで十分かな…」と思います。標準搭載と言っても、全てのモデルで同じ電源ユニットが使用されているわけではなく、そのスペックに合った総出力や80PLUS認証をチョイスして搭載されます。もちろんハイスペックなモデルとなれば、標準搭載の電源ユニットが80PLUS SILVERになったりします。ミドルレンジのパソコンであれば80PLUS BRONZEが標準搭載されていますが、省エネや電源の寿命を考えてスペックアップするのも、もちろん全然有りだとは思います。


他のカスタマイズもチェック!

OS(オペレーティングシステム)

OS(オペレーティングシステム)について解説

マイクロソフトオフィス

オフィスについて解説

CPU

CPUについて解説

CPUファン

CPUファンについて解説

メモリ

メモリについて解説

ビデオーカード(グラフィック機能)

ビデオーカード(グラフィック機能)について解説

SSD

SSDについて解説

ハードディスク(HDD)

ハードディスク(HDD)について解説

ハードディスク(HDD)の静音化

ハードディスク(HDD)の静音化について解説

光学ドライブ

光学ドライブについて解説

マザーボード

マザーボードについて解説

電源ユニット

電源ユニットについて解説

一通りカスタマイズの知識は身につきましたか?分からない点はしっかりチェックをして、後々に後悔しないようにしましょう!「BTOパソコン」と聞いたら難しそうなイメージがありますが、予めモデリングされたパソコンを選んで必要なパーツを追加やスペックアップするだけなので、難しく考える必要はありませんし、実際難しくありません。上のカスタマイズ解説で基本的な部分だけ押さえておけば大丈夫!


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!