1. ドスパラ大百科ホーム
  2. BTOパソコンのカスタマイズを攻略
  3. メモリー

メモリ

メモリについて知ろう!

メモリとは簡単に言うと「データを一時的に記憶しておく場所」のことです。パソコンはCPUが命令を出すことによりソフトを立ち上げたり、読み込んだりなどの動作を行います。それらの情報を一時的にメモリに記憶させることにより、パソコンをスムーズに動作させることができるのです。なので、容量が大きければ大きい程、一時的に保存できる領域が広がるわけですから、パソコンはよりスムーズに動作するのです。

メモリはどの位の容量が理想?

容量は大きければ大きい程良いと上記で述べましたが、パソコンで重いソフトを使用したり、一度に様々なソフトを使用したりしない限りは、そこまで容量を増やす必要はありません。要するに「適量」が一番良いわけです。OSが32bitなら、下の画像を見ていただければ分かる通り4GB以上搭載しても意味がないので、上限の4GBを搭載させるのが一番良いかと思いますが、64bitでも動画編集や3DCG編集など、重たいソフトを使用しない限りは8GBあれば十分かと思います。欲を言えば16GBあれば超快適にパソコンライフが送れます。

32bitのOSに16GBのメモリを搭載させたらどうなるか検証してみた

上の画像のように、32bitのOSに16GBのメモリを搭載させても使用可能容量が「2.92GB」しかありません。「あれ、4GBもないじゃん!?」と思われるかも知れませんが、これは、ビデオメモリに容量を取られてしまっているためです。


メモリにも色々な種類がある

まず、現在のパソコンに搭載されているメモリの規格は「DDR3 SDRAM」という種類の規格となります。その前は「DDR2 SDRAM」や「DDR SDRAM」という規格でしたが、そもそも現在主流のDDR3 SDRAMとはピンの本数が異なり、装着すら出来ないので、敢えてこれ以上は触れません。
現在主流のDDR3 SDRAMですが、この規格の中にもいくつか種類があります。一般的なもので「PC3-12800(DDR3-1600)」と「PC3-10600(DDR3-1333)」という2種類がありますが、この2つがどう違うかと言えば、「転送速度」と「動作周波数」が異なります。前者のPC3-12800(DDR3-1600)の方がこの2つの数値が高く、より高性能となります。

メモリとメモリに貼られているシールの拡大画像

同じ容量でも1枚より2枚の方が高速処理!

メモリは同じ容量でも1枚より2枚の方が高速処理となります。例えば、8GBのメモリを1枚搭載するより、4GBのメモリを2枚の計8GBの方が高速処理が可能です。ただ、何でもかんでも2枚挿せば良いというわけではなく、同じ容量かつ同じ種類のメモリを2枚挿さないと意味がありません。このメモリを2枚挿して高速処理を行うことを「デュアルチャネル」と呼びます。また、同様に3~4枚のメモリを同期させて同じような効果を得る「トリプルチャネル」や「クアッドチャネル」も存在します。
ドスパラはこの「デュアルチャネル」を積極的に取り入れており、標準モデルのままでもメモリを2枚挿してあるモデルが多数あります。


他のカスタマイズもチェック!

OS(オペレーティングシステム)

OS(オペレーティングシステム)について解説

マイクロソフトオフィス

オフィスについて解説

CPU

CPUについて解説

CPUファン

CPUファンについて解説

メモリ

メモリについて解説

ビデオーカード(グラフィック機能)

ビデオーカード(グラフィック機能)について解説

SSD

SSDについて解説

ハードディスク(HDD)

ハードディスク(HDD)について解説

ハードディスク(HDD)の静音化

ハードディスク(HDD)の静音化について解説

光学ドライブ

光学ドライブについて解説

マザーボード

マザーボードについて解説

電源ユニット

電源ユニットについて解説

一通りカスタマイズの知識は身につきましたか?分からない点はしっかりチェックをして、後々に後悔しないようにしましょう!「BTOパソコン」と聞いたら難しそうなイメージがありますが、予めモデリングされたパソコンを選んで必要なパーツを追加やスペックアップするだけなので、難しく考える必要はありませんし、実際難しくありません。上のカスタマイズ解説で基本的な部分だけ押さえておけば大丈夫!


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!