1. ドスパラ大百科ホーム
  2. BTOパソコンのカスタマイズを攻略
  3. CPU

CPU

CPUについて知ろう!

CPUの種類

まず、CPUは大きく分けて「intel(インテル)」と「AMD(エーエムディー)」の2メーカーが主となります。それぞれのメーカーでいくつもの製品があり、その製品それぞれに性能が異なります。パソコンの頭脳とも呼べるCPUはパソコンの性能を大きく左右するので、正しい選択が大切となります。

インテルのCPUとAMDのCPU

intelとAMDはどちらが良いの?

パソコンと言えば「intel」と言えるほど、世界的に見てもCPU市場で圧倒的なシェアを誇ります。そんなintelは「CPUの王道」と言ったところでしょうか。圧倒的な技術力でAMDとの差を広げているのは確かだと言えます。しかし、AMDはintelに比べて安価という利点があります。数値的な性能で比べた場合、同じような動作周波数やコア数の製品でもAMDが安いというのは一目瞭然です。なのになぜintelの方が人気なのかといえば、クロック周波数以外のスペック値でintelの方が優れているのではないかと思われます。そもそもintelとAMDではメーカーが違うので、製品の設計自体がもちろん異なります。全く別の代物と言っても過言ではないので、様々な情報の処理能力が必要な「CPU」という製品で、それらを表面上の数値的な面だけで比べるのは、難しいと言えます。


intelとAMDはどちらを選ぶべきか

「intelとAMDはどちらを選ぶべきか」という選択の答えは、「用途による」だと思います。管理人の個人的な見解で言わせていただくと、「3Dゲームをするならintel」、「ビジネス用途やネットサーフィンメイン、軽めのゲームならAMD」ですかね。まあ一概には言えないのですが、なぜこのような答えになったかというと、やはり総合的な処理能力で言ったらintelに軍配が上がります。ゲームの場合、プレイするゲームにもよりますが、情報量がとても多く「快適に動作するか、しないか」の部分がCPUに大きく左右されます。もちろん3Dゲームにはビデオカードが必須となり、そのビデオーカードの性能によっても左右されますが、より処理能力に長けたCPUがゲームに有利というのは確かなことです。
一方、AMDの方は、「APU」と呼ばれるCPUとGPU(グラフィック)の機能を一つのチップに集積した統合プロセッサの開発に力を入れております。もちろんintelでもこの統合プロセッサの開発に力を入れており、分かり易い例としては、intelの第3世代から第4世代へのバトンタッチが挙げられます。第3世代に「Core i7 3770」というCPUがありましたが、このCPUの後継で第4世代「Core i7 4770」という製品が発売されました。それまでintelは後継を出す度にクロック周波数を上げてきましたが、ここでは、クロック周波数はそのままに内蔵グラフィックの性能を上げてきました。このことから、intelも内蔵グラフィックに力を入れているのは確かなのですが、AMDはグラフィック部門でNVIDIAのGeForceと肩を並べる存在であるRadeonの開発も行っており、性能を比較してもintelより一歩リードしていると言えます。 このことから、より安価なAMDはビジネスシーンやネットサーフィンに向いており、軽めなゲームならCPUの種類にもよりますが、ビデオカードなしの内蔵グラフィックで楽しめるので、オススメかなと思います。


intelのCPUを比較

ドスパラのデスクトップで選択可能なintel CPUをチェック!(2014年8月現在)

インテルCPUの性能比較

AMDのCPUを比較

ドスパラのデスクトップで選択可能なAMD CPUをチェック!(2014年8月現在)

AMDのCPUの性能比較

CPUを比較する上で、必要な各スペック項目をおぼえよう!

コア数

CPU内部に存在するプロセッサコアの数。理論的には、コア数が多いほど性能が高くなります。近年では「デュアルコア(コア数2)」や「クアッドコア(コア数4)」「ヘキサコア(コア数6)」といった製品が数多く販売されており、性能の上昇が顕著になってきています。


スレッド数

CPUが同時に処理出来る命令の数です。このスレッド数が多いほど並行作業出来る数も増えるため、一度にたくさんの処理が入った場合でも、素早くこなすことが出来ます。スレッド数が1のものを「シングルスレッド」、複数のものを「マルチスレッド」と呼ぶ。近年のCPUはほぼ2スレッド以上のものになってきているため、基本的に「マルチスレッド」に該当します。マルチスレッド対応のアプリケーションを使用する場合、このスレッドの数が多いほど処理速度が速くなります。


定格クロック

CPUが1秒間に発生させるクロック回数の事。基本的にはこの値が大きいと、同一時間内に処理できるデータ量が多くなるため、処理性能が高いと言えます。(ただし、CPUが作られた時期やコア数などの要素も影響するため、クロック数のみを比較して性能の優劣が計れるというわけではありません。)


TDP

熱設計電力のことです。大雑把にいうと「どのくらいの性能をもったCPUクーラーが必要か」の目安となります。CPUの最大消費電力の目安としても使用されますが、実際の消費電力とは異なるため注意が必要です。特に最新のCPUは、高度な省電力機能を持ち、作業負荷にあわせて消費電力が可変します。そのため、実際の消費電力は大幅に少なくなっています。


他のカスタマイズもチェック!

OS(オペレーティングシステム)

OS(オペレーティングシステム)について解説

マイクロソフトオフィス

オフィスについて解説

CPU

CPUについて解説

CPUファン

CPUファンについて解説

メモリ

メモリについて解説

ビデオーカード(グラフィック機能)

ビデオーカード(グラフィック機能)について解説

SSD

SSDについて解説

ハードディスク(HDD)

ハードディスク(HDD)について解説

ハードディスク(HDD)の静音化

ハードディスク(HDD)の静音化について解説

光学ドライブ

光学ドライブについて解説

マザーボード

マザーボードについて解説

電源ユニット

電源ユニットについて解説

一通りカスタマイズの知識は身につきましたか?分からない点はしっかりチェックをして、後々に後悔しないようにしましょう!「BTOパソコン」と聞いたら難しそうなイメージがありますが、予めモデリングされたパソコンを選んで必要なパーツを追加やスペックアップするだけなので、難しく考える必要はありませんし、実際難しくありません。上のカスタマイズ解説で基本的な部分だけ押さえておけば大丈夫!


ドスパラの売れ筋ランキング

今ドスパラで売れている人気の商品トップ3

GALLERIA XT

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX1060搭載

139,980円(+税)

GALLERIA XT

Magnate IM

Intel Core i5搭載
コストパフォーマンス抜群の1台!

59,980円(+税)

Magnate IM

GALLERIA QSF965HE

Intel Core i7搭載
NVIDIA GeForce GTX965M搭載

129,980円(+税)

GALLERIA QF960HE

人気の最新グラフィックボード「GeForce GTX1060」を搭載したGALLERIA XTが堂々1位!